SDGsへの取り組み

E_SDG_logo_without_UN_emblem_horizontal_

世界遺産の山を歩く 山楽部では、「持続可能な開発目標(SDGs)」への取り組みを行っています。

事業内容が「ゴール13・気候変動に具体的な対策を」「ゴール15・陸の豊かさも守ろう」に合致しており、事業概要での表示やウェブサイトにアイコン・リンクを貼らせていただいております。

【持続可能な開発目標(SDGs)とは】

開発アジェンダの節目の年、2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。

 

アジェンダは、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言および目標をかかげました。

この目標が、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」です。

 

​山楽部では以下の7つのターゲットについて

活動貢献を目標としています

気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

13.3 

気候変動の緩和、適応、影響軽減、および早期警告に関する教育、啓発、人的能力および制度機能を改善する。

陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、

森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

15.1

2020年までに、国際協定の下での義務に則って、森林、湿地、山地、および乾燥地をはじめとする陸域生態系と内陸淡水生態系およびそれらのサービスの保全、回復、および持続可能な利用を確保する。

15.2

2020年までに、あらゆる種類の森林の持続可能な管理の実施を促進し、森林破壊を阻止し、劣化した森林を回復し、世界全体で植林と森林再生を大幅に増加させる。

15.4

2030年までに生物多様性を含む山地生態系の保全を確保し、持続可能な開発にとって不可欠な便益をもたらす能力を強化する

15.5

自然生息地の劣化を抑制し、生物多様性の損失を阻止し、2020年までに絶滅危惧種を保護および絶滅防止するための緊急かつ重要な対策を講じる。

15.8

2020年までに、侵略的外来種の移入を防止し、これによる陸・海洋生態系への影響を大幅に減少させる。対策優先種の駆除または排除を行うための対策を導入する。

15.8

2020年までに、侵略的外来種の移入を防止し、これによる陸・海洋生態系への影響を大幅に減少させる。対策優先種の駆除または排除を行うための対策を導入する。

プロ登山ガイドがサポート!

世界遺産の山 関西の山 奈良県の山 富士山

登山・トレッキングなどのマウンテンアクティビティ

山楽部

​山楽部について
  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸

© 2010 -2019 世界遺産の山を歩く 山楽部